industrious industry

ジャッカロープ クライミング オリジナルブランド

【industrious industry(インダストリアス インダストリー)】

 

【理念】

無駄なものは削ぎ落とし、シンプルなものだからこそ、全ての工程を勤勉に。

 

全ての工程を自身で行うため、同じものはひとつとしてありません。

 

それもまた楽しみのひとつとして、皆さまにお届けします。

 

街(日常)とクライミング(非日常)の間に在りたい。

 

その境をできる限りなくしたい。

 

『日常でも、岩場でも、ボーダーレス。』

 

『流れはいつもスムース。』


これをコンセプトに、クライミングウェアでありながら、日常にも溶け込むデザイン提案します。



全ての工程を一貫して携わることで、受け取った人達の背中を押す力になると信じて。


全てが同じではなく、『あなただけ』を。

 

何でもある時代。


同じものが簡単に手に入る時代。

だからこそ、一人ひとりに寄り添う存在、永く愛される物作りを続けたい。
________________________________________________________________

【シルクスクリーンプリント】
プリントは工場へ外注せず、熊本市南区にあるクライミングジム、「ジャッカロープ」で1枚ずつプリントをしています。


インクの調合からプリントまでを注文毎に行うことで、ただ平置きされている1枚ではなく、ひとつひとつが新鮮で、唯一の1枚となります。

1枚ずつ手刷りで作製している為、プリントの位置が多少異なったり、シルクスクリーン特有のかすれた部分もデザインとして扱っております。

インクの特性上、繰り返し着用すると徐々に色が褪せることがありますが、人や環境が変化するように、経年変化するようにしています。

それも日常の中での楽しんで頂けたら幸いです。
___________________________________________________________

【インク】

industrious industryでは口にしても、自然に流れても害のないよう、厳選した材料を使用しています。

人と自然との密接な関係。

自然と共存する私たちクライマーが使用することを考慮し、出来うる限り環境に負担を最小限にするべきだと考えます。

注文毎にインクを調合し、限りある資源を無駄にしないだけでなく、お客様一人ひとりだけのインクを作ります。
___________________________________________________________